ポイントが貯まるクレカと併用でポイント二重取り!チャージ式クレカ「Kyash」

お金のはなし

多くの方がネットや店頭で買い物をするときにクレジットカードや電子マネーを使用していると思います。

クレジットカードの選択理由は様々だと思いますが理由の1つに「ポイントが付くから」という方も多いのではないでしょうか。

最近では楽天経済圏でお得に暮らそうと言われているので今回は楽天カードを使用していると仮定して話しを進めていきたいと思います!

Kyash (キャッシュ) いつものお買い物をスマートに
Kyash Visaカードとスマホでいつでもどこでもかんたんに支払えます。アプリのリアルタイム通知と履歴反映でお金の管理にも最適です。

「Kyash」ってなに?

Kyashは事前にチャージすることによって使用できるクレジットカードです。(クレジットカードを登録した場合は事前チャージ不要)

カードタイプはVisaのみですが支払方法はVisaApple payGoogle payの3種類です。

そのためクイックペイ加盟店でも使用できます。

チャージ方法は多種多様

様々な銀行口座より入金が可能です。

コンビニATMから入金が可能です。

上記2種類の入金方法は手間がかかるうえにお得な部分がほとんどないのでオススメできません

各種Visa、Mastercardを登録することがオススメです!

何故かというとクレジットカードを登録すると事前にチャージしておく手動入金と支払時に残高が足りなくても不足分を即時入金して支払をしてくれる自動入金ができるからです。

選べる入金方法 - Kyash (キャッシュ)
Kyashは銀行口座やコンビニ、ペイジー、提携サービスの売上金やポイントなどからの入金が可能です。

Kyashのカードタイプは3種類

オンライン決済のみで使用できるKyash Card Virtual

カードの現物が送られてくるタイプが2種類あり、Kyash Card LiteKyash Cardがあります。

様々な制約がVirtual,Lite,Cardと無くなっていきます。

私がオススメしたいのは断然Kyash Cardです。

クリックで拡大します

発行手数料が900円かかってしまいますがその初期費用だけで年会費などはありません。

さらにICチップ、Visaタッチに対応しているので使えないお店はほとんどありません。

さらにポイント還元率がこのカードのみ1%あるため9万円使用すれば年会費900円の元はとれるのでそれ以降はプラスになります。

選べるカードタイプ - Kyash (キャッシュ)
Kyashはカードやスマホ、スマートウォッチによる決済が可能です。Apple Pay/Google Pay対応「Kyash Visaカード」がアプリから発行可能で、カード利用履歴の確認、銀行口座の入出金はアプリから。

お金の管理はどうしたらいいの?

Kyashは専用のアプリを入れることで1回、毎月の支払上限額を設定できます。

さらにオンライン決済や海外使用をするかの設定ができます。

万が一発行したカードが紛失してしまった場合でもアプリのボタン1つでカードロックすることができるので防犯面でも安心です。

アプリ内では利用履歴など家計管理もできるので安心です。

私が使用している限りだと挙動はとても滑らかで使いにくいと感じた場面はほとんど無いのでストレス無く使用できると思います。

Kyash - 決済、送金、支出管理ができるデジタルバンキングアプリ
年会費無料でどこでも使えるKyash Visaカードや、スマホでタッチして決済。履歴はアプリにすぐ反映、自動で分類されます。最大1%のポイント還元も。お支払い上限額の設定や、カードのロックもアプリからできて安全です。

どれぐらいお得なの?

普段買い物をするときに楽天カードを使用して1万円使用したとします。

楽天カードの還元率は1%なので100ポイント付きます。

ここでKyash Cardに楽天カードを登録して同じく1万円使用したとします。

この場合KyashCardの還元率が1%なのでKyash Cardに100ポイント付きます。

さらに楽天カードで1万円分チャージ(使用)したことになるので楽天ポイントが100ポイント付きます。

よって合計200ポイント実質2倍獲得できます。

※ちなみに楽天市場では楽天カードを使用することによってポイント倍率が変わるのでKyash Cardは逆に損になってしまいます。

貯まったポイントはどうするの?

Kyashで貯めたポイントは1ポイント1円としてチャージして使用することができるので普段の買い物に使用している場合には期限切れを起こすことはありません。

デメリットはあるの?

大きなデメリットはポイント付与が月1200ポイントまでということです。

還元率1%の場合使用金額は月12万円までしかポイントが付かない計算になります。しかし12万円以上はポイントが付かないだけで上限額まで使用できるので安心してください。

 

もう1つはカードデザインです。(カード番号などは全て裏に記載してあります)

みなさんのカードを見ていただけると分かりますが、左上にカードを通す方向の矢印がついているのですがKyashはありません・・・

さらにICチップの場所も逆なのでレジの人によっては逆に差してエラーが起きたり・・・

など少し弊害があるのも事実です。

デザインについては体験談です。(デザインはいいと思うのですが・・・)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Kyashは海外旅行する方だと知っている方もいらっしゃるそうですが基本的に知名度が低いカードです。

まだまだ新しいサービスを追加してくれるようなので今後に期待して使い始めてもいいかもしれません。

お得なポイントとしては

・手持ちのクレジットカードを登録するだけでポイントが二重取りできる。

・家計管理がスマホで簡単にできるため使いすぎになりにくい

デメリット

ポイント獲得上限が1200ポイント

・馴染みのないデザインのため弊害がある場合がある

最近はコロナの影響で対面のレジでもカードは自分で差し込むというお店も増えているのでデザインの弊害はあまり気にならないかもしれません。

ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました