【パソコンが苦手な方向け】 作業を早くするショートカットキー 4選

パソコンのはなし

昨今ではパソコンが得意不得意関係なく使用しなくてはならない場面が非常に増えています。

職場だけでなく学校においても使用頻度が増え、時代は授業にプログラミングが組み込まれるまでに来ています。

私の職場でもこのショートカットキー使えるともっと作業が早くなるのにな・・・と思う同僚がいます。

そんななかでまずこれだけは知ってほしいと思うショートカットキーだけをまとめたのでこれらを使いこなして作業を効率的に行いましょう!

コピー&ペースト(貼り付け)

パソコンを使用する上で最も使用するコマンドが「コピー」と「ペースト(貼り付け)」だと思います。

今まではコピーしたい部分を選んで右クリックで「コピー」を選び、右クリックで「貼り付け」を行っていたと思いますがこれではどうしても時間がかかってしまいます。

ちなみに押す順番は「Ctrl」を押したまま「C」または「V」を押します。(逆だと普通にcを入力していまいます)

コピー : 「Ctrl」+「C」

コピー
コピー

 

ペースト :「Ctrl」+「V」

ペースト
ペースト

コピーしたい範囲を選択する場合もキーボードで行うことができます。それは下記で紹介していきます!

全選択

WordやExcelで書類を作り、それらをすべて別のデータにコピーしたい場合にすべてをマウスで選択していくのは文章量が多いほど手間になっていきます。

ここで使用したいのが全選択というショートカットキーです。

全選択 : 「Ctrl」+「A」

全選択
全選択

「A」はすべてを意味する英単語の「All」で私は覚えました。

部分選択

上記ですべてを選択するショートカットキーをやりましたが作業中では文章のここだけ選択したいと思う場面も多いと思います。

そんなときに役に立つのが部分選択です。

部分選択 : 「Ctrl」+「十字キー」

部分選択
部分選択

元に戻す

作業中に間違えて消してしまった!という場面は誰しもあると思います。

そんなときに画面端の「元に戻す」ボタンを探さなくてもショートカットキーで行うことができます。

元に戻す : 「Ctrl」+「Z」

元に戻す
元に戻す

まとめ

今回は非常によく使うショートカットキーのみを抜粋してまとめてみました。特にコピペは1日何回使うか分からないのでこの機会に身につけましょう!

ショートカットキーはこれ以外にも無数に存在します。これからも使用頻度ごとにまとめていこうと思うので使えそうなものから一緒に覚えていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました